弁護士に頼む債務整理の解決方法とは

 

 


1、債務整理は弁護士へ

「いくらお金を返済しても返済額が減らない。」、「借金生活から抜けだして、苦しい生活は嫌だ。」、「身内にばれないように、返済したい。」など債務整理についての悩みは個人によって異なると思います。こんなときは弁護士に相談して一刻も早く解決しましょう。一人で悩んでも良い答えは出ません。債務整理のプロである弁護士に任せて難しい手続きを処理してもらいましょう。しかし、そこで疑問に思うのが弁護士に相談したらどんな解決方法を提示してくれるのだろうかと疑問に思うでしょう。そこで、債務整理の解決方法を紹介するので、ぜひご覧ください。

 


2、債務整理の解決方法

  • 自己破産

自己破産は、経済的に完全に破たんして支払い能力がない人がこの方法を選択します。自己破産は、裁判所が中心となって処理します。多くの借金を抱えた人の持っている財産を、債権者に分配して、債務者の借金が事実上なくなります。この自己破産を行うと借金がなくなるので、一から生活を立て直すチャンスを与えられるので。もう借金を返済できないと判断されたら、この手段を選択します。

  • 任意整理

任意整理とは弁護士が代理となって、利息制限法に基づいた利率で計算しなおして、分割された金額を支払っていく方法です。これは、自己破産と違い裁判所を介しないので、柔軟な解決が可能です。任意整理の流れとしては、債権者に受注通知書が発送されて、請求が止まり、そこから、弁護士が債権の調査をおこない、債務の確定が終わったら弁済案が作成されます。そして、後は弁護士が債権者と交渉してくれるので、話がまとまると返済が開始されます。

  • 過払い返還請求

過払い返還請求とはわかりやすく言うと、債務者がクレジット会社に支払わなければならない金額よりも多く払いすぎた、余分なお金の事です。債権者は利息制限法というものがありますので、この利率を超える利息で貸し出しすることはできません。その結果、払いすぎた余分な利息は返還してもらうことができます。過払い金が返還されるかは個人のケースによって変わってくるので、はっきりとはわかりません。そういったことからも、やはり、プロである方に依頼した方が良いと思います。

  • 個人再生

個人再生とは、裁判所が監督してくれて、債務の支払いが停止されます。そこから、債務を一部免除してくれて、さらに長期の返済計画を作ってくれます。債務者は、それに基づいて返済する形となります。


債務整理はこわくない

おまとめローン、借り換えローンなど、他にも確かに返済を容易にする手立てがあります。
しかし、そのようなローンに審査を申し込んだとして、実際に審査を通過したとしても、あまり返済の手間や負担、かかる時間にも影響がない場合が多いです。
おまとめローンの厳しい審査基準。
そしてその後のまだ続く借金地獄…。これらに耐えるくらいなら思い切って債務整理の相談を弁護士に持ち込んだ方が早い場合があります。
もしあなたが借金について、借金の返済について悩んでいるのならなるべく早く相談をしてみることをおすすめしています。


債務整理はなんかこわい…

弁護士と相談するということで、少し気が引けてしまう人もいるのでしょうか。
ですが心配いりません。相手もたくさんの相談に乗ってきたプロフェッショナル。
気兼ねなく相談してみてください。
きっとあなたの悩みを軽くしてくれるはずです。
相談するだけなら無料というところも多いので、まずは何にせよ相談です!


打てる手立ては全部使う

返済を助ける手立ては全部使うべきです。少しでも返済を軽くできそうだと思ったら飛びつくようにそれを使う。
ですが注意したいのが債務整理でも何でも、それを使った先の未来のことです。
未来の想定も正しいものにしておく必要があるでしょう。

債務整理があってよかった

債務整理で得られるものは何でしょうか。
単純に過払い金請求を相談すれば過分な返済を取り戻すことができるでしょうが、お金を返すのと過払い金はまた別の問題です。
お金を返す、返さないが大切で、過払い金はどうでも良い!
そんなひともいるでしょうから、そんな方向けに用意されているのがまた別の手立て。
債務整理と一言で言っても、行う行動は一つではありません。


債務整理の任意整理を行ってあなたの返済を容易にする

任意整理を行えばあなたに課せられている金利を減らすことができるかもしれません。
あなたに課せられている大きな金利。これをカットしてなるべく低い金利を利用しながら借り入れ期間も短くすることのできるというもの。
これは他の債務整理によるものより高価は地味にみえますが、ほとんどデメリットが見当たらないという特徴があります。
ぜひ利用してみましょう!


民事再生の大きな効果

民事再生なら、弁護士が裁判所にかけあって、その返済が困難だと判断された場合、借金が直接減額されるというもの。
最大で5分の1から10分の1ほどに減額されるというこの民事再生を利用すればきっとあなたは返済を完結させられるでしょう。
ともかく、返済に苦しんであえいでしまう前にしっかりと債務整理を!

債務整理はあなたを裏切らない

人は日々嘘をついて生きる生き物です。
お互いを騙して立ち回って少しでも自分を有意な立場に置きたいと考えている生き物です。
嘘で騙す目的はお金であることが多いですから、借金を経験したあなたは一層の注意が必要です。
お金をだまし取られたなんて話は毎日のように耳にします。
お金は騙しとられた後では何もかも遅いです。
これが詐欺か…なんて悟ってもなんにもなりません。しっかりとなんでこんなことになったのかの反省をして、もう今後は同じようなミスの無いようにしなくてはなりません。
が、これはあくまでお金をだまし取られた人の話。
借金で抱え込んだ負担も、それが正当な業者からの借り入れだったとしたら問題ありません。
落ち着いて返済を軽くする債務整理などを行って返済を完結させることを目標にして頑張りましょう。


債務整理であなたの自由を取り戻す

債務整理をすればあなたの抱えている借金の返済の負担を小さくすることができます。
抱えている借り入れに課せられた金利、または多く返済しすぎている返済額を取り戻すこともできるかもしれませんから、あなたは借金によって失ってしまった自由を債務整理を弁護士に相談することで取り戻すことができるのです。

あなたの借り入れの負担を減らす債務整理

借金で苦しんでいるのは日本だけでも100万人いると言われています。
その苦しみの正体は、借り入れたあなたに重くのしかかる返済の負担です。返済をスムーズに行うことができれば借金による苦しみを感じることはないでしょうから、この返済の負担をどれだけ軽くすることができるのかというところが勝負の分かれ目です。
ここであなたにのしかかってくる返済の負担。
これを軽くする。その負担を軽くすることによってあなたの借金の返済を完結することができる秘訣こそ債務整理です。
債務整理はこれを得意とする弁護士に相談することで可能になります。


返済を助ける、債務整理の存在

債務整理には何種類かあります。
まず割とポピュラーになっている過払い金請求。
これは本来返済する必要のないお金を消費者金融に返済している場合、その余分に返したお金を請求することができるというものです。
直接お金が返ってくるのは嬉しいですね。


自己破産という最終手段

あなたの大きく膨らんでしまった借り入れをまったくのチャラにできるのがこの自己破産。
もちろん大きな代償がありますが、借り入れをまったくの無にすることができるのですから、これは嬉しいですよね。
長年返済に苦しむのなら思い切って自己破産した方が良いケースもあるでしょう。