弁護士に頼む債務整理の解決方法とは

 

 


1、債務整理は弁護士へ

「いくらお金を返済しても返済額が減らない。」、「借金生活から抜けだして、苦しい生活は嫌だ。」、「身内にばれないように、返済したい。」など債務整理についての悩みは個人によって異なると思います。こんなときは弁護士に相談して一刻も早く解決しましょう。一人で悩んでも良い答えは出ません。債務整理のプロである弁護士に任せて難しい手続きを処理してもらいましょう。しかし、そこで疑問に思うのが弁護士に相談したらどんな解決方法を提示してくれるのだろうかと疑問に思うでしょう。そこで、債務整理の解決方法を紹介するので、ぜひご覧ください。

 


2、債務整理の解決方法

  • 自己破産

自己破産は、経済的に完全に破たんして支払い能力がない人がこの方法を選択します。自己破産は、裁判所が中心となって処理します。多くの借金を抱えた人の持っている財産を、債権者に分配して、債務者の借金が事実上なくなります。この自己破産を行うと借金がなくなるので、一から生活を立て直すチャンスを与えられるので。もう借金を返済できないと判断されたら、この手段を選択します。

  • 任意整理

任意整理とは弁護士が代理となって、利息制限法に基づいた利率で計算しなおして、分割された金額を支払っていく方法です。これは、自己破産と違い裁判所を介しないので、柔軟な解決が可能です。任意整理の流れとしては、債権者に受注通知書が発送されて、請求が止まり、そこから、弁護士が債権の調査をおこない、債務の確定が終わったら弁済案が作成されます。そして、後は弁護士が債権者と交渉してくれるので、話がまとまると返済が開始されます。

  • 過払い返還請求

過払い返還請求とはわかりやすく言うと、債務者がクレジット会社に支払わなければならない金額よりも多く払いすぎた、余分なお金の事です。債権者は利息制限法というものがありますので、この利率を超える利息で貸し出しすることはできません。その結果、払いすぎた余分な利息は返還してもらうことができます。過払い金が返還されるかは個人のケースによって変わってくるので、はっきりとはわかりません。そういったことからも、やはり、プロである方に依頼した方が良いと思います。

  • 個人再生

個人再生とは、裁判所が監督してくれて、債務の支払いが停止されます。そこから、債務を一部免除してくれて、さらに長期の返済計画を作ってくれます。債務者は、それに基づいて返済する形となります。